熊本大学大学院生命科学研究部 消化器内科学分野

  • ご挨拶
  • お知らせ
    お知らせ一覧
    教室行事
    臨床研究について(オプトアウト)
  • 患者様へ
    外来のご案内
    診療案内
    入院病棟について
    画像検査
    消化器の病気Q&A
  • 医療従事者の方々へ
    スタッフ紹介
    研究・業績
    診療案内
    学術奨励賞
  • 学生・研修医の皆様へ
    医局見学について
    後期研修・入局のお申込み
  • 消化器内科について
    リンク
    アクセス
  • お問い合わせ

熊本大学病院熊本県
肝疾患診療
連携拠点病院
Kumamoto University Hospital
Liver Disease Medical Treatment Co

あなたの肝臓、大丈夫?

脂肪肝は放っておくと
危険です!

熊本大学病院 肝疾患センター図
不安に思った方はこちら

まずはお電話ください!

熊本大学病院 肝疾患相談室096-372-1371

What's fatty liver脂肪肝とは

肝臓に脂肪が沈着して肝障害をきたす疾患です。

Cause脂肪肝の2大原因

飲酒によるアルコール過剰摂取が原因の「アルコール性脂肪肝」と、お酒を少量、もしくは全く飲まないのに発症する「非アルコール性脂肪肝(以下NAFL)」の2つがあります。

アルコール性脂肪肝とは?

以下の条件を満たすものを指します。(※アルコール性肝炎診断基準2011年版)

1.
長期(通常は5年以上)にわたる過剰の飲酒
2.
過剰の飲酒:1日平均純エタノール60g以上の飲酒(表1)
3.
禁酒によりAST、ALT、γ-GTPが明らかに改善する

表1 各種アルコールの換算表

アルコール飲料 日本酒 ビール ウイスキー ワイン 焼酎 酎ハイ
アルコール度数 15% 5% 40% 12% 25% 3~8%
アルコール60gの量 540ml 1500ml 180ml 600ml 300ml 930ml
目安 3合 500ml缶 3本 ダブル 3杯 グラス 6杯 コップ 1.5杯 350ml缶 3本
(8%)

表1 各種アルコールの換算表

アルコール
飲料
アルコール
度数
アルコール
60gの量
目安
日本酒 15% 540ml 3合
ビール 5% 1500ml 500ml缶
3本
ウイスキー 40% 180ml ダブル 3杯
ワイン 12% 600ml グラス 6杯
焼酎 25% 300ml コップ 1.5杯
酎ハイ 3~8% 930ml 350ml缶
3本(8%)

What is NAFL / NASHNAFL/NASHとは

アメリカの肝臓学会ガイドラインではNAFLを以下のように定めています。

1.
肝臓に脂肪がたまっている
2.
目立った飲酒習慣がない
3.
脂肪肝をきたす他の原因がない
4.
B型・C型肝炎ではない

稀に薬剤、手術、ホルモン異常が原因となることもありますが、ほとんどが生活習慣の乱れや内臓肥満、ストレス、運動不足が原因です。
肝臓で炎症が起こり、さらに硬くなる線維化という現象が起きます。これが非アルコール性脂肪肝炎(以下NASH)です。現在、国内には推定で1000万〜2000万人のNAFL患者がいると考えられ、そのうち100万〜200万人がNASHに進展すると言われています。放置すると10年後には約1~2割が肝硬変となり、そのうち数%に肝細胞癌が発生します。

Kumamoto Fatty liver Project熊本脂肪肝プロジェクト

このように脂肪肝が原因で発生する脂肪肝炎・肝硬変・肝がんにならないためには、「脂肪肝」の段階で放置しないで治すことが大切です。この度、熊本大学消化器内科では「脂肪肝炎早期発見・治療サポートプロジェクト」を立ち上げました。
肝臓の線維化を予測する「Fib-4 index」を簡単に計算できるWebサイトを利用し、脂肪肝の患者様が速やかにかつ簡便に肝疾患専門医療機関受診でき、必要時には最新の治療を受けることができる体制を確立しています。病状が進行する前に専門医を受診してもらうことを目的としたプロジェクト、それが「熊本脂肪肝プロジェクト」です。

What's FIB-4 indexFIB-4 indexとは

AST,ALT, 血小板値, 年齢より算出する肝臓の硬さの判別式です。高い方が肝臓が硬く、肝硬変である可能性があります。肝硬変は肝臓癌の原因になります。
※高齢の方は値が高く算出される傾向があります。

低値
(1.3未満)
…経過観察
中間値
(1.3~2.67/65歳以上)
(1.3~2.0/65歳未満)
…注意
高値
(2.67以上/65歳以上)
(2.0以上/65歳未満)
…危険
低値
(1.3未満)
経過観察
中間値
(1.3~2.67/65歳以上)
(1.3~2.0/65歳未満)
注意
高値
(2.67以上/65歳以上)
(2.0以上/65歳未満)
危険

高値(危険域)の方は
お電話ください!!

熊本大学病院 肝疾患相談室

096-372-1371(※平日:10時~16時 土日祝を除く)

看護師の相談員がご対応いたします。
お気軽にお問い合わせください。

肝炎疾患専門医医療機関ご紹介までのフロー図

プロジェクト対象の熊本県肝疾患診療連携拠点病院
および肝疾患専門医療機関の一覧

  • 阿蘇
    ・阿蘇医療センター・阿蘇立野病院・寺崎内科胃腸科クリニック
  • 天草
    ・葦原医院・天草セントラル病院・天草地域医療センター・上天草総合病院
  • 宇城
    ・済生会みすみ病院
  • 人吉
    ・人吉医療センター・公立多良木病院
  • 玉名
    ・公立玉名中央病院
  • 菊池
    ・熊本セントラル病院
  • 熊本
    ・熊本大学病院・国立病院機構熊本医療センター・くまもと森都総合病院・熊本赤十字病院・済生会熊本病院・熊本地域医療センター・西日本病院
  • 水俣
    ・水俣市立総合医療センター
  • 山鹿
    ・山鹿医療センター
  • 八代
    ・熊本労災病院・熊本総合病院
  • 荒尾
    ・新生翠病院

※上記以外の病院をご希望の場合は別途ご相談ください。

How to Reserve予約方法

予約方法はお電話、FAXでも可能です。

予約申込書FAX用紙
(患者様用)
PDF Download
  • Greetingご挨拶
  • OPT OUT臨床研究について(オプトアウト)
  • Newsお知らせ
  • Event教室行事
  • Linkリンク
  • Accessアクセス
  • 患者様へ
    外来のご案内
    診療案内
    入院病棟について
    画像検査
    消化器の病気Q&A
  • 医療従事者の方々へ
    スタッフ紹介
    研究・業績
    診療案内
    学術奨励賞
  • 学生・研修医の皆様へ
    医局見学について
    後期研修・入局のお申込み

熊本大学大学院生命科学研究部
生体機能病態学分野消化器内科学講座

〒860-8556 熊本市中央区本荘1-1-1
TEL:096-373-5150
FAX:096-371-0582

ⓒ Department of Gastroenterology and Hepatology, Graduate School of Medical Sciences, Kumamoto University